オートモア

新しい発想

ハスクバーナは330年間、プロの林業、造園業のための製品を扱っています。

1995年、今から24年前に世界初となるロボット芝刈機を開発しました。

↑オートモアの概要説明をまとめた動画がご覧いただけます。(画像クリックでYouTubeが開きます)

現在、世界で最も多くお使いいただいているロボット芝刈機はGPSを内蔵したハスクバーナオートモアです。

三つの課題を解決する新しい発想

直線を保つ芝刈り走行は必要なのか。

いままでは、芝はまっすぐに刈るべきであると思い込んできました。
これは間違ってはいませんが、その必要はありません。オートモアは不規則なパターンで稼働します。自重が軽いことは、芝生で縞模様を避けることを意味します。オートモアは庭の狭い通路を通って道を見つけることができ、さらに長くなった芝生の区域と判断すると、そこを他より少し丁寧に刈り込みます。その結果、毎日新鮮な芝のにおいと共に刈り込まれた滑らかな芝生を維持します。

 

天候や時間に関係なく芝刈りができないものか。

いままでは、芝生を刈るときの天気や近隣の人に迷惑をかけまいと日程や時間を選んできました。
オートモアは静かに昼も夜も働きます。Automower™はGPSによって制御されていて、個別のプログラムを設定するだけで、天気や時刻にかかわらず、常に新しく刈り込まれた芝生ができます。

 

集草作業をなくすことはできないのか。

いままでは、集草カゴが満杯になると芝刈り作業を中断し処理してきました。
オートモアは一度に少ししか刈り込みませんが、頻繁に働きます。カッティングディスクは、刈り取りを目立たないように削り、刈り取った芝は地面に落ちて分解します。それは自然なサイクルです。

 

これらの発想から進化した Automower™の特徴

 

 

  • 操作は簡単

    オートモアは独自のGPS-アシストナビゲーションを搭載した完全自動芝刈り機です。決められた領域の境界ワイヤーで仕切られた電子柵内で稼働します。たとえば、狭い小路で結ばれた複数の稼働領域でも独自のガイドワイヤーにより電池が少なくなると、これに従い自ら充電ステーションに戻ります。このことで設置が完了すると次の設定変更まで、メンテナンスフリーの芝生を楽しめます。

  • 地形、時間、天候

    • オートモアはランダムな走行パターンにより、設定範囲のあらゆる場所を平滑に刈ることができます。
    • オートモアは非常に静かで夜中でも働くことができます。
    • オートモアは曜日ごとにその日の作業時間を設定してコントロールできます。
    • オートモアは雨天でも働くことができます。
    • オートモアは最大傾斜角度24°を走行します。

  • 安全

    オートモアは安全機能が内蔵されているため、持ち上げたり、倒したりするとブレードが自動的に止まります。芝刈り機本体の外側とブレード先端との距離は足や手がとどかないよう余分に取られています。それでもペットや小さなお子さんが芝生で遊んでいるときは駐車をお勧めします。

     

  • 芝にやさしい

    オートモアは草が成長するにつれて絶えず刈り取ります。
    一般的な芝刈りは通常数センチメートル刈り込み、収集して取り除くのに対して、オートモアの刈り込みは僅か数ミリメートルです。成長点より上で刈るため良好な状態を維持します。また刈り取られた芝は土壌に落ち、肥料となります。

  • ピンコード

    オートモアは、すべての操作や設定にピンコードが必要です。
    ピンコードを知らない場合、盗まれても役に立ちません。
    オートモアが停止またはコード解除されたとき、大音声のアラームが鳴ります。
    また、盗難の報告により、Husqvarnaの国際サービスシステムに登録され、盗難機はサービスサポートが受けられないことになります。